ライ麦パン

2013.09.29 21:00|パン
夏休みの代替ブラリ旅の中で出会ったパン屋さんに、リンコジュースで仕込んでいるライ麦パンなので、
食べやすいですよーと言われたのが記憶に残っている。
帰ったら試すぞーと決意したのだか、なかなか体が重くてね。

お粉はリスドォル、ライ麦、サワー種を使ったライ麦パン。
リンゴジュース100%

体が重い時は、パンもダメダメなのはわかっているけど、今回は味見だけのつもりで焼いた。
蒸気も入れずに焼いたので、ツヤもない。

ライ麦パン

ライ麦パンは、確かに食べやすくなるかも。
クラムも柔らかく、しっとりする気がするけど、100%リンゴジュースだと少し後味が甘いかな。

もともとウチのサワー種は酸味が少ないので、食べやすいけども。
やる気がある時に、もう一度、試してみなくちゃ。
スポンサーサイト

巨峰のタルト

2013.09.27 21:00|お菓子
先日のお菓子教室時で作ったお持ち帰りのタルト生地を使って、巨峰のタルトの復習。

甘くない生地なので、のばしやすくて助かったけど、クリームなどは作りながらあれ?あれ?な感じ。
習ってからすぐ復習しないと、忘れちゃうんだよね。

せっかく巨峰の季節でもあるので、奮発してちゃんと巨峰を購入。
他に飾るものがなくて粉糖でお化粧して完成にしちゃったけど、やっぱりセルフィーユやミントが欲しいところ。

巨峰のタルト

やっぱりこのタルトのクリームは本当に美味しい。
のせるフルーツは巨峰じゃなくても合いそうだけど、フルーツをのせなくても全然イケるなー。
次はフルーツのせずに、クリームのタルトにしよう。

巨峰のタルト

パンヲタのプチ会

2013.09.24 21:00|パンヲタの会
パン友とパンを焼いて楽しむ会、通称パンヲタの会に参加してきた。
今回はふぃせるさん宅で、ちょこさんと3人だけのプチ会。
本当は、おんりーパン先生のパン教室のはずだったんだけど、延期になってしまったので、
じゃあ普段は絶対作らないようなパンを作ろうと言うことで、決行したもの。

Cottaに公開しているvivianさんのレシピ2種類にトライ!
素早く作業はできないから、イーストは止めてホシノ酵母で。

くまろんぱん
すごく可愛らしいパン。
だけど、中身はサバトンマロンペーストと栗の渋皮煮のあんが入った贅沢な大人パン。
顔生地はともかく、耳生地7gという分割が必要なのに加えて、クッキー生地ものせる超面倒なパン。

くままろん

おしゃべりしすぎて、焦げちゃった。
栗の渋皮煮を鼻にして、デコペンでお絵かき。
デコペンってすごい難しい、すごい大変、自分の下手さに悲しくなった。

くままろん

くまちゃん、すごい立体的だし(笑)

くままろん

ハロウィンメロンパン
かぼちゃあんを中に入れて、オレンジ色にしたクッキー生地をのせたメロンパン。
色素をいっぱい入れたつもりなんだけど、ちょっと足りなかったね~。

こちらもデコペンでお絵かき。
表面のグラニュー糖がくっついてマジで邪魔、くまちゃんより難しい。

ハロウィンかぼちゃ

必死にお絵かきしたので、ズキズキ頭痛がするし、お腹もすいてフラフラ。
さっそくみんなで持ち寄りランチ。
焼き上げたくまろんぱんとハロウィンメロンパンも試食。
見た目とは違って、とても大人の味。

ランチ

デザートはちょこさんのシフォンケーキとふぃせるさんの赤ワインのムース。
美味し~いっ♪

シフォンケーキ

本当はもう一つ実験したんだけど、デコペンで疲れきったのか、発酵もイマイチで失敗した。

1人では面倒で敬遠するパンも、みんなでやれば楽しいな。
でもみんなで作っても、疲れるものは疲れるんだね(笑)

パン研隊25

2013.09.22 21:00|パン教室
9月のカルチャー教室。
今回は一次発酵の大きさ、膨倍率についてのお勉強。
一次発酵を2倍にした時と、2.5倍強にした時のパンを比較するというもの。

食パン

極端な大きさの比較じゃなかったので、最終的な見た目はあんまり変化なかったんだけどね。
ホシノ酵母の生地だったんだけど、食べると全然違うー!

でも、もともと香りが強烈な赤種のパンだからかな?
他のホシノ酵母だったら、こんなに違いがでるのかな?
次回のカルチャーネタにどうでしょぅ?

食パン

食パン

もう一つはベーグルで、一次発酵5分と45分のベーグルの比較。
比較検討のパンだけど、ヘーゼルナッツがたっぷりの秋色のクリーム入り。
45分ベーグルは、やっぱり表面がボコボコ気味。

ベーグル

だけど5分ベーグルは表面キレイ。

ベーグル

どっちも美味しいけどね、でも私のベーグルの好みは柔らかめかな。

こういう比較検討は面白い。
でも頭使いすぎて、頭痛が・・・ぁ。

小笠原代替の旅

2013.09.19 21:00|旅行
夏休み休暇は、小笠原の父島へダイビング旅行。
船の出航時間が早いため、東京で前泊が必要だったので、ついでにお気に入りの宝塚鑑賞。

宝塚

ところが鑑賞中、台風18号接近により6日に1便しかない父島行の船の欠航情報が入った。
でももう東京来てるし、今日のホテルもあるし、帰りの新幹線は7日後で変更できないし。
ダイビング器材や荷物は宅急便ですでに父島に送っていたので、手持ちは2泊分程度だけで着替えもないけど、
まだ都内は快晴だしね、ブラリ旅を楽しむことにした。

翌日から3連休で都内ホテルがどこもかしこも満室で焦ったけど、当日予約で何とか1泊確保できたので、
最近テレビや雑誌でオシャレ雑貨が特集されてる「蔵前」散策をしてみた。
お店が点在してるから雑貨通りって感じではないね。
合羽橋も近いので行ってみたけど、重くなるので今回は見るだけ。

蔵前風景

蔵前でランチをしつつ、散策してたらパン屋の「ペリカン」発見。
朝食用にバターロールパンを購入、初めて食べたけどどっしり感のあるパン。

バターロール

夜は月島でもんじゃを食べながら、翌日のブラリ旅の行先相談会。
讃岐うどんを食べに四国に行こう、宝塚を見に神戸に行こう、京都もいいなーとかいろいろ案は出たけど、
台風18号の進路の予想をしつつ、湯河原温泉に決定。
夏休みはスキューバダイビングはできないけど、温泉でまったりっていうのも悪くない。

もんじゃ

翌日、都内は大雨で新幹線運休やら在来線遅延やらで駅はごった返していたけど、湯河原行きは特段問題なし。
在来線に揺られながら、スマホで検索してたらミシュラン2012★レストラン「エルルカン×ビス」を発見。
突然の当日予約だけど、台風接近でキャンセルがあったみたいで席が確保できた。 
森林リゾート感満載の素敵な空間で★フレンチ。
でも了解をもらったとはいえ、カジュアルすぎる服装とスニーカーは少し恥ずかしかった。

エルルカン・ビス

この日のお宿は、湯河原温泉の老舗旅館「藤田屋」
こちらも台風によるキャンセルのために、お部屋が空いたそうで、当日予約も意外といけるかもね。
歴史ある和風旅館で、お食事は豪華な和食懐石、お風呂は源泉かけ流し、露天風呂もあって、まったりのんびり。
のんびりお風呂入りすぎて、気がつけば、お尻をいっぱい蚊に刺されてた。

藤田屋

湯河原の夜から朝にかけては台風18号接近による暴風雨だったけど、台風も過ぎ去ったので箱根に行く前に、
必須のパン屋さん「ブレット&サーカス」へ。
どっしりの天然酵母パンの他にも、お総菜パンやお菓子パンもあって見てるだけでも楽しい。

ブレッド&サーカス

移動途中に、藤田屋の仲居さんがオススメの「箱根ベーカリーのクロワッサン」もしっかり食べた。
ルヴァンリキットを使った天然酵母のサクサクのクロワッサン。

箱根ベーカリー

この日のお宿は、箱根の強羅温泉「エルカーサリゾート&スパ」
前日は老舗和風旅館だったので、この日は真逆な洋風リゾートで、夕食もイタリアン。
雰囲気に癒される。
でもこの日の夜は東北地方を台風18号が通過中で、仕事の電話が鳴りまくりで、ほとんど寝れなかったんだけど。

エルカーサ

台風が全部吹き飛ばしてるから天気は快晴、空気も澄みきっている、富士山キレイ。

富士山

1個食べると寿命が7年のびる黒玉子もしっかり食べた後、この日は御殿場プレミアムアウトレットへ。
着替えがないので、そろそろ買おうと思って行ったんだけど、残念ながらアウトレットはもう秋冬の服だった。。

黒玉子

この日の夜も箱根だけど、リーズナブルなお宿「グリーンプラザ強羅」にしてみた。
食べすぎて胃がもたれ気味だから、宿泊だけにしてみたけど正解だったかな。
ただ、イノシシ出没により露天風呂封鎖という事態になって、残念無念。

箱根最後の日も快晴で、富士山がとてもキレイ。
ロープウェイで山ビューを堪能した後、芦ノ湖の湖畔にある玉村富男ミュージアムのカフェ「ラ・テラッツァ」
でランチ。
玉村富男のお皿でお料理が出てくると思って楽しみにしていのに、全部白いお皿だったのがこれまた残念。

芦ノ湖

ラ・テラッツァラ・テラッツァ
ラ・テラッツァラ・テラッツァ

箱根を満喫して東京に戻れば、もう帰りの新幹線を使える日になっていた。
最後のランチはずっと気になっていたけど平日しかやっていなくてチャンスがなかった「山岸食堂」へ。
このカジュアルすぎる服装で銀座方面はイヤだったけど、行ってよかった~。
手打ちのパスタがホント美味しい、特にクリームパスタが濃厚!

山岸食堂

ついでにこれまた食べたかった「イデミスギノ」があるのを思い出して、食後のデサーとに寄り道。
ここまでくると服装は気にならなくなっていたし、初めて食べるようなきめ細やかなムース達はやっぱりすごい!

イデミスギノ

東京駅に戻りがてら通りかかったので「エシレ」をのぞいたら、バターケーキが1個だけ残っていたので購入。
ラッキー♪

エシレバターケーキ

なんかね小笠原ダイビングができなかったのは残念だけど、この代替のブラリ旅もなかなかに楽しかった。
ダイビング旅行以外で、6泊7日も国内旅行なんて、なかなかにない。
毎日が充実しすぎて、逆に忘れてしまいそうなのでここに記録しておこう。

お菓子教室2

2013.09.15 21:00|お菓子教室
ずっと気になっていたお菓子教室に再び行ってきた。

今回は巨峰のタルト。
生地作りからしっかり教えてもらった。
高さのあるセルクルを使って、甘くないタルト生地にクリームを入れて、二度焼きする。

巨峰のタルト

焼いてる時間が長いので、途中先生がクレープを焼いてくれてお茶タイムまで。

クレープ

冷めたタルトに、ワイン入りのクリームを詰め込んで、上に巨峰(ピオーネ)を贅沢にのせて完成。
ピオーネの皮むきは面倒だけど、このタルトは涙が出るほどに美味しかった。

巨峰のタルト

巨峰のタルト

このワインクリームは、夜に食べたら少しユルイかなって思ったので、作った当日に食べるならもう少し
ゼラチンを増やそうと思ったけど、翌朝はいい固さだったからレシピどおりでベスト。

忘れないうちに復習しなくちゃと思いつつ、当分出来なそうなんだよなー。。

ライブレッド

2013.09.12 21:00|パン
夏は特にサワー種の更新が大変なので、母に手伝ってもらおうと伝授することにした。
ついでだからサワー種のパンも一緒に焼きながらね。

お粉はリスドォル、ライ麦、ヨーグルトも少し入れて。
ドライフルーツでもと思ったけど、だいぶ在庫処分していたので今回はなし。

母がさーっと1本クープ。
意外とうまくできちゃって、なんかちょっと、ムムムッ。

ライブレッド

小笠原沖にある熱帯低気圧が、台風18号になりそう。
私の夏休み計画、こっちもムムムだ。

Numahata9

2013.09.10 21:00|お料理教室
お料理教室へ行ってきた。
前回チラリと次回はエスニック系かなと言っていたような気がしたので、ちょっとドキドキの今回。

「フレッシュコーンボールフライ」
上品なお味のトウモロコシのまんま揚げ。

フレッシュコーンフライ

「香味野菜と豚肉のグリーンフィッシュソース」
緑のソースが見た目華やかなサラダなんだけど、この緑のソースのベースは大量ナンプラー。
そしてパクチー入り。

香味野菜と豚肉のグリーンフィッシュソース

「魚介のガンボライス ジャスミン米で」
タイ米にシーフードカレースープをかけて食べる感じ、これ美味しい。

魚介のガンボライスジャスミン米で

魚介のガンボライスジャスミン米で

「桃のコンポートジュレ」
生姜を利かせた桃のジュレをヨーグルトに合わせて。

桃のコンポートジュレ

お腹一杯。
だけど、やっぱりナンプラーだけは苦手だ。
次回は涼しくなったし、アジアンエスニック料理から離れるかなー?

クランベリーライブレッド

2013.09.06 21:00|パン
パンを焼きたい気分じゃなかったけど、サワー種が限界だったので仕方なく焼いた。
お粉はライラック、ライ麦粉、ヨーグルト少々とクランベリーを入れて。

気分がのらない時ってパン生地も私の気持ちを反映して、必ず、気分がのらないパンが焼き上がる。
気持ちが酵母菌に伝染するみたいだ。
こういう時、パンって生き物だったのねと思う。

気分がのらないパンは、見ためも食べても、やっぱり気分がのらないパンなんだよね。

クランベリーライブレッド

クランベリーリッチ

2013.09.04 21:00|パン
涼しくなってきたからか、バター風味のパンが食べたくなった。

お粉はスーパーカメリア、ライラック、バター20%、クランベリーも入れて、ホシノ酵母赤種で。
本当はバターも最初から入れて、全部オールインごねの予定だったかだけど、つい癖でこねちゃって、
結局普通に後入れになっちゃった。

ついでに帰宅時間が予定より遅くなってしまったので、疲れて成形も面倒になって型入れにしてしまった。
かなり久しぶりのクグロフ型。

バター20%のリッチパンだから、この型で焼いてもいいね。
カロリーを気にしなければ、私はこの位のバター香るパンは好きだなって思う。
でもカロリーは気になる・・けどね。

クランベリーリッチ

オレンジパン

2013.09.01 21:00|パン
オレンジピールを使い切りたくて、適当にパンを焼いた。

お粉はスーパーカメリア、春恋、イースト0.5%
そう言えば残ってたオレンジピールを全部入れたけど、結局全部で何gだったのかな?

成形は、ただの丸パンじゃなーと思ったので、久しぶりのブリオッシュ型を使った。
ブリオッシュ型のパンだけど、バターは5%入れただけ。
でもこの形は、バター香るリッチパンのイメージが大きくて、バター5%パンはなんか物足りない。

この型は、やっぱりリッチなブリオッシュ生地に使う方がいいね。

オレンジパン
プロフィール

kanocoron

Author:kanocoron
パンを焼くのが大好きです。
もちろん食べるのも大好きで、近頃
体重オーバー気味。

旅行も大好き。
どこかに行きたいなぁ~

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

リンク

QRコード

QR

  • ページトップへ
  • ホームへ