パンヲタのプチ会2

2013.12.31 21:00|パンヲタの会
今年ももうすぐ終わりっていう年末の日、ランちゃんとパンヲタのプチ会を開催。
次回開催のパンヲタの会までに、考案中のシュトレンの生地を確定させたかったので、3種類を試作。

これまでも配合を変えたり、割合を変えたりといろいろ試作してるんだけど、一長一短。
コレだーってのが見えてこない。

苺シュトレン

今回は生地の固さの調整のために試作したので、表面はどうでもよくてね。
さすがにクリスマスも終わったし、粉糖包みは飽きたので、ホワイトチョコがけにしてみた。
試食をする意気込みも、いつもと見た目が違うので、多少やる気になるし。
ふいに試しただけだけど、見た目はともかく、お味はオススメ。

焼き上がり、急遽ふぃせるさんも合流して試食会。
検討が必要なところはまだまだいっぱいあるけど、1個づつクリアしていかなきゃいけないんだよね。

今年のうちにできるところまではやったから、後は年明けだね。
スポンサーサイト

お菓子教室5

2013.12.30 21:00|お菓子教室
今年の年末年始はカレンダーの並びがいいので、お休みが長くてラッキー。
年末だけど、お菓子教室に行ってきた。

パイ菓子なので、ひたすら折り込みの作業から始まった。
実は生地をのばすという作業が私は一番苦手とするものなので、ちょっと大変だったな。

「コンベルサシオン」
折り込み生地を作っちゃえば、その後は見た目ほど面倒ではないのかなぁ。
表面がサクサク、中はアーモンドクリームでしっとりで素敵。
焼いた翌日以降のしっとりとした状態時に食べるのが私は好き。

お菓子

「ポンヌフ」
同じ生地でもう1つ。
だけど、これはパイ生地の他にもシュー生地も作らなくちゃいけないから究極に面倒だぁ。
でも甘さ控えめで、ふんわりしてて、食感が面白い。

お菓子

どっちもすごく美味しいけど、1人で作るのはなかなかに気合がいるよぉ。
復習、できるだろうか。。

お菓子

続バゲット

2013.12.29 21:00|パン
ウチでバゲットを焼くときのコツみたいなものが見えてきたので、続けてもう一回焼いてみた。
お粉はリスドォル、加水72%、イースト0.1%で。

お仕事帰りなので、発酵は結構いい加減になっちゃったけど。
それなりにちゃんと焼けてるじゃん!

ようやく見えてきてたコツみたいなものは、ちゃんとコツみたい。
忘れないようにしなくちゃね。

でも残念ながらウチではこの細身のバゲット、固めだから全く人気なし。

バゲット

記念バゲット

2013.12.27 21:00|パン
パンをこねたいけど、ちょっと面倒だったのでバケットを仕込む。
お粉はリスドォル、加水は72%、イースト0.1%で。

少し前からなんとなくウチでバゲットを焼くときのコツみたいなのが見えてきた感じではあったんだけど、
続けて焼かないから、わかったような、わからないような感じでね。
でも今回ようやく、ようやく見えた・・・かも。

もちろん私的にだけど、超満足なバゲットが焼き上がったわ!
クープもキレイに入ったし、エッジも立ってて、パン屋さんみたいぃと自我自賛。

記念日だっ♪

バゲット

ママの味ミルクパン

2013.12.25 21:00|パン
カルチャー教室で習ったママの味ミルク食パンが超ウマだったので、すぐ復習焼き。

しっとりしてて、ふんわりしてて、やさしい甘さのミルク味。
砂糖じゃなく和三盆が入っているところが優しい味の秘訣なのかもしれないけど、
今あるのよ和三盆、ウ・チ・に♪

ペロリと食べてしまいそうなので、大量仕込み。
加水が多いので、重量が結構すごいし、山にはならないのでまんまワンローフ焼き。

レシピより少しばかり甘さ控えめにしたんだけど、これもいい感じだった。
けど控えめにすると、先生の考案した「ママの味」ではなくなっちゃうのか?と気づいちゃった。

でもどっちの味も好きだからいいか。

ママの味ミルクパン

パン研隊28

2013.12.22 21:00|パン教室
早いもので今年ラストのカルチャー教室。
今月は比較検討はなくて、普通のパン教室(笑)

でも「シュトレン」の文字を見た時にゲッと思ったのは、私だけではないはず。
先日からちょっと焼きすぎて、食べすぎて、今見たくない感じなのよ。
ドライフルーツは一切入っていないシュトレンだから大丈夫でしょと先生は言っていたけど、
うーーーん?

メイプル味のナッツたっぷりシュトレン。
毎回だけど、先生の発想がすごい!

シュトレン

シュトレン

もう1つはミルクたっぷり食パン。
お水は一切入っていなくて、でも卵も入ってなくてバターもそんな入ってなくて、リッチなような
プレーンなような。
ミルクの香りとフワフワ食感がやめられない止まらないの危険なパン。

ママの味ミルクパン


カルチャー教室の終了後、先生とヲタ会で考案中の苺シュトレンの試食会。
先生の試食後の感想が本当に怖かったけど、なかなかいい感じだったのがちょっと意外だったわ。
でもまた少し改良が必要な点も出てきたので、もう1回焼かなくちゃだけど、結構いいところまで来ているって
ことかな?
もう少しがんばろう!

パラオ

2013.12.20 21:00|旅行
年休消化を理由に短期間だけど、パラオへダイビング旅行。
寒い時期に暖かい場所へ行くのはとてもストレス発散になる。
まぁ今回は飛行機遅延により、10時間もグアム空港待ちというストレスは付いてきたけどね。

パラオ

ダイビングは大潮時期だったのでちょっと期待してたものの、流れはイマイチ。
でもちゃんとツノダシが群れてた。
コレは私的には結構レアなんだよね。

パラオ

バラクーダも群れてきてた。
やはりワイドな海はいいね~。

パラオ

今回はお友達がカメラを持ってたので、私もお借りして久しぶりに水中撮影。
私の水中カメラは、ずいぶん前に壊れてしまって、それ以来カメラはやってないの。
ワイドな海にはカメラはいらないと思うんだけど、マクロな海はカメラがあるとやっぱり楽しいかもな。

パラオ

最終日はダイビングはできないので、ガラスマオの滝へ観光トレッキング。
マイナスイオンたっぷり浴びて、ストレス発散。
でも帰りの上り坂には体力のなさを痛感したわ。

パラオ

昨年久しぶりにパラオに行った時に見つけたスタバのアイス、今年も発見。
美味しいので、早く日本に入ってくればいいのにな。

パラオ

最終日の夜にお安めマッサージにいったんだけど、もみ返しなのか、帰国後ふくらはぎが痛くて、階段の上り下りが
できないほどだった。
教訓、マッサージはもう少しお高いとこで受けよう。

シュトレン

2013.12.14 21:00|パン
先日のパンヲタの会で焼いたシュトレンを食べて比べて考えて、頭の中フル稼働なのに、体重増加中。

たくさんのシュトレンを焼きまくったのおかげで、改良すべき点がいろいろと見えてきたので、
とりあえずもう1回。
でも今回はパンヲタの会を代表して、私が焼いたので4種類だけね。

とはいっても、4種類を1人でやるのはなかなかに大変だった。
自家製酵母のシュトレンなんだけど、酵母が元気すぎてね、帰宅したら発酵器の中で爆発してるしさ。
生地こねも小量を何回もやらなくちゃだし、具材も変えるし、混乱混乱。

シュトレン

最終的に「おいしくなーれ」と念じながら焼き上げたけど、どうかなぁ。
試食会は1週間後。

シュトレン

さて、シュトレンも焼き上がったし、心置きなくパラオへ出発できるな~♪

苺のパン

2013.12.12 21:00|パン
クリスマスが近くなってきたからか、苺が安くなってきた。
香りも味もまだまだ薄いけど、苺酵母のパンを焼いて贅沢気分に浸ろう。

お粉ははるゆたか。
最近少し忙しくて、でもパンは焼きたいって気分だったので、普通に丸パンと思っていたんだけど、
ふと合いそうな具を入れてみた。
マカダミアナッツ、ドライ苺、スイートチョコ♪

苺のパン

焼き上がりすぐを食べちゃったので、まだチョコがトロトロトローリ。
おいしい、でも見た目がイマイチだな。

苺のパン

パンヲタの会10

2013.12.08 21:00|パンヲタの会
パン友とパンを焼いて楽しむ会、通称「パンヲタの会」に参加。
ちょこさん宅で、ふぃせるさん、ランちゃんと。

今回は季節的にシュトレンの会ね。
本当はいろんなお店のシュトレンを「食べ比べる会」だったんだけど、なんか話が変な方向へ進んで、
結局シュトレンを「焼き比べる会」になったんだよね。

生地を変えたり、バターの分量を変えたり、具の漬け込み酒の種類を変えたり、いろいろやった。
だから焼き上がりも、全然違う。
俵型の成形だけは統一したんだけど、焼成中に形を保てなかったものもあるしね。

シュトレン

シュトレンは最低でも1週間は寝かせてから食べたいところだけど、せっかくなので焼き立てシュトレンも試食。
バターがまだ落ち着いてないからポロポロ。

シュトレン

事前にランちゃんと私が焼いてきた2種類のシュトレンも試食。
お部屋はバターとお砂糖の香りに包まれてた。

シュトレン

お楽しみのランチタイム。
いつも美味しい♪

ランチ

ランチの後、すべて焼き上がったシュトレンの検証をして、一番美味しいシュトレンを最終的にもう1つ
焼く事になった。
もちろん途中、疲れたところでデザート休憩を挟みつつね。

デザート

いったい何種類のシュトレン焼いたのか、誰かわかる人いるかしら?
どれが一番美味しいかを比較しつつ、この大量のシュトレンを全部食べ終わる頃にクリスマスかもね。

本当に、シュトレン焼いたーーーって1日だった。
エプロンまでがバターの香り~。
とりあえず終わって安心したからか、最近ずっと痛かった左耳の痛みが和らいでる、よかった!

はるゆたかバゲット

2013.12.06 21:00|パン
はるゆたかバケットを焼く。
お粉はもちろんはるゆたか100%、加水は75%、うちコントレクス30%

なんとなくコツらしき光が、かすかにだけど、見えてきたような気がしてたんだけど。
今回はね、ようやくクープモリモリッ♪

バゲット

オーブンに入れる時にちょっと失敗してしまったので、斜めってるけど。
でも、なんとなくウチで焼くときのコツがわかってきたかも。
忘れないうちにもう1回焼いてみよう。

バゲット

でもまずは焼き立て熱熱のバゲットに、ポテトサラダとハムを入れてバゲットサンド。
パンってやっぱり面白いな。

バケットサンド

モッツァレライ

2013.12.05 21:00|パン
酸味があって美味しいうちにサワー種のパンを焼かなくてはと決意したものの、
こねている途中で、急にやる気なくなった。
でも途中でやめられないので、続けたけど。

こういう時は絶対にダメパンになるってわかるので、ダメパンでも食べやすいように、
冷蔵庫にあったモッツァレラチーズをインしてみたけど、正解だった。
でもライ麦パンにチーズは美味しいけど、本当はもっと味の濃いめのチーズがよかったなー。

とにかく、やる気のない時にはやらなきゃいいんだよね。
もうやめよう。

ライ麦チーズ

シュトレン

2013.12.03 21:00|パン
次回のパンヲタの会で食べるために、シュトレンを焼く。
理由がないと、なかなか面倒で作らないの。
クリスマス前だし、焼く時期としてはいい感じなんだろうな。

事前にマカダミアナッツ、アーモンド、胡桃、ドライチェリー、ドライストロベリーを
キルシュ酒とブランデーに漬け込み。
ちょっとアンコール臭が強すぎに感じたので、甘い香りが欲しくてほんの少しラム酒も追加。

シュトレン

具が多いので、別生地で包んで俵型成形。
中種は固めだったんだけど、本ごねではかなりのベトベトになっちゃった。
おかしいなー?

苺シュトレン試作

苺シュトレン試作

バターに漬けて粉糖に包んで完成。
これが今年の我が家のシュトレンになもなるわけ。
早く食べたいけど、次のパンヲタの会までもう少し我慢しなきゃ。

ちなみに無水酵母で作ったのに、なぜか全然生地に味残らない。

はるゆたかバゲット

2013.12.01 21:00|パン
近頃、私の周囲で話題のはるゆたかバゲット。
私も焼いてみた。

お粉ははるゆたか、イースト0.1%、加水は72%で。
前回のパンヲタの会での生地はデロデロだったのに、コレは手ごねできちゃうし成形も楽ちん。

でも何でだろ?
はるゆたかでもメーカーとか粉が違うの?
考えてみれば、はるゆたかは強力粉なんだから加水72%だったら手ごねできるよね?とも思うし。

でも楽ちんの割にはね、ため息でちゃう感じの焼き上がり。
まだまだ先は長いなー。

はるゆたかバゲット

はるゆたかバゲット
プロフィール

kanocoron

Author:kanocoron
パンを焼くのが大好きです。
もちろん食べるのも大好きで、近頃
体重オーバー気味。

旅行も大好き。
どこかに行きたいなぁ~

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

リンク

QRコード

QR

  • ページトップへ
  • ホームへ