チアシードのパン

2015.11.24 21:00|パン
チアシードのパンを焼いた。
いろいろ疑問を解決すべく、ちょっと個人的に実験しながらの焼き。

チアシートと粉と水は全部一度に水和させて、チアシードは擦らずにそのままインね。
結果、すり潰すとキレイに水和してくれて生地もある程度しっかりだけど、そのままインだと粒が大きいからかな、
水和が不完全になるのか弱いくて、なかなかのベトだ。
弱さは、小さい丸パンは厳しいかな~型入れしようかなぁ~な感じかな。

ただ、クラムのしっとり、もっちり感はこっちの方がすごいよ、テカテカなのわかるかな?
気泡もたくさん出てたよ。

粉の水和、チアシード、いろんな要素により変化してくるのが、楽しいパンね。
もう少し、いろいろ試してみたいパンだわ♪

チアシードのパン

チアシードのパン
スポンサーサイト

パン研隊51

2015.11.21 00:00|パン教室
カルチャー教室に行ってきた。
今月も難関。
凝り固まった頭をほぐさないと、理解が難しい。
最近、満足なパン焼けてないからなぁ。

ルバンは長時間発酵させたら、かなり酸っぱかった。

パン研隊51

チアシードの給水力を使ったパンかと思いきや、粉の水和の力なのか。
いろいろな要素がいろいろと絡んでるんだよね。

パン研隊51

パン研隊51

リンツァートルテ風

2015.11.18 21:00|お菓子
お菓子教室で習ったリンツァートルテの復習をしようと思いつつも、シナモンとかスパイスが得意ではないので、
食べやすくアレンジ。

生地はスパイス抜き、ヘーゼルナッツじゃなくてアーモンドプードルに変更。
ジャムも、夏休みに行ったバリで買ってきた「コウ・キュイジーヌ」のパイナップル&タンジェリンジャムを使っちゃう。
もう全然、別物だね(笑)

リンツァートルテ風

水分が多めのジャムだったけど、焼くと水分がとんで、丁度いい固さになるもんだね。
ちょっとジャム入れすぎかかなぁ、溢れたし。
でも季節外れの夏系ジャムには、スパイスなしのあっさり生地がピッタリで、なかなか良かった♪

リンツァートルテ風

ラフランス酵母の山食

2015.11.16 21:00|パン
溶かしチョコレートのシュトーレンの残りのラフランス酵母を使ってパンを焼いた。

相変わらずやる気がないんだけと、自家製酵母は日持ちしないから、やるしかないのだよ。
でも1回はやる気なくて、結局ポーリッシュ種にしちゃった。
ほぼ無水のラフランス酵母だから、固めでポーリッシュ種って感じじゃないけどね。

お粉ははるゆたか、ちょこさんの山食レシピで。
牛乳がなかったので、スキムミルクにしたのと、固めのポーリッシュ種だから、加水は増し増しだけどね。

種使いしたので、ラフランス感はほぼなくて、普通にお食事パンになったよ。
酵母パンはやっぱり美味しいけど、ここまでラフランス感がないのはちょっと寂しい気もするね。

山食

Numahata10

2015.11.15 21:00|お料理教室
2年ぶりに行ってきた。
デモだから気が楽でいいね、やっぱり。
美味しいし、お洒落だし、先生が手際よくバババッとやるので、簡単そうに見えるし(笑)
2015クリスマスメニュー美味しかった♪

Numahata10

Numahata10

Numahata10

Numahata10

キューピーマスタード

2015.11.12 21:00|パン
パンを焼く気力がないが、焼きたてのパンは食べたいので、簡単仕込みのパンを頑張って焼く。

お粉ははるゆたか、イースト0.1% 赤サフね。
生地に粒マスタードを入れてるよ。
ただ、ディジョンマスタードじゃなくて、キューピーのだけど、ね。
酸っぱいが、あまり得意ではないので、私はキューピー派なのよ。

上掛けは粒マスタードとマヨネーズとを合わせたよ。
この方が合わせやすいし、表面に広がるので味馴染みもいいよね。
それに、やっぱりマヨネーズは最強調味料だからね♪

粒マスタード

シャンピニオン

2015.11.08 21:00|パン
近頃、パンを焼く気力がない、、、けど気持ちを奮い立たせて焼いてみた。

お粉ははるゆたか、全粒粉少々、イースト0.01%でオーバーナイト仕込み。
バケット生地だけど、ほどほどに機械ごねして食べやすく。

成形は、秋だしね、シャンピニオンにしてみたよ。
面倒だけど、ひと手間かけると、美味しそうに感じる気持ちが倍増するよね。
もちろん、失敗付き。
1個カサ分の生地がなくて、その1個はただの丸パンになったという失敗付きね。

シャンピニオン

溶かしチョコのシュトーレン2

2015.11.04 21:00|パン
今年のシュトーレン試作その2は、ラフランス酵母で、溶かしチョコートのシュトーレン。
チョコレートが主役だから、ラフランスの香りは無くなっちゃうのはわかってるけど、自家製天然酵母独特の
しっとり感やもっちっと感とか、隠し味にしたくてね。
前回の試作の改善が必要な部分を、自分なりにクリアしつつ、仕込んだよ。

今回の生地は、表面割れたけど、食べた感じは本当にいい感じ~♪
ほぼ無水のラフランス酵母のおかげかな、超しっとり。
焼いた翌日にすぐ食べてもしっとりと美味しいよ、ラフランス酵母やチョコレート効果なのかな。

溶かしチョコのシュトーレン2

溶かしチョコのシュトーレン2

さてさて、今回の大失敗は、、、漬け込み。
久しぶりにマイヤーズのラム酒を使ったんだけど、パインもキュウイもクランベリーも全部、みごとに茶色一色に染まった。
前回は黄色のパインを真ん中入れしたけど、今回はみごとに茶色一色だったから、真ん中入れは止めて生地に混ぜ込んだ
けどね。

前回は、キレイに黄色が残っていたのにな。
黒糖ラム酒だったから? 小量の黒糖ラム酒で漬け込みしたから?? 何でだ???
てっとり早く色を残すなら、ホワイトラム酒がいいのかな。
なんか、いろいろ難しいねぇ。

エッグベネディクト

2015.11.01 21:00|パン
グラハム粉を使って、グラハムマフィンを焼いた。

お粉はリスドォルとスーパーカメリアかな、グラハム粉は前日からちゃんと下処理済み。
いつも油脂は入れないんだけど、今回は少し柔らかめに焼きたいので、少々イン。
焼き上がり、オリーブオイルをさらっと表面にぬったら、風味もよくてテカテカ~

グラハムマフィン

今回はね、このグラハムマフィンで、エッグベネディクトを作りたかったのよ♪
前回のヲタ会で作ってくれたtorico先生のを真似て、オランティソースを作り、ポーテドエックを作り、
マフィンを温めて、、、、と意外にも作業が多くて、洗い物も多いしで、途中で嫌になったけど。
でも面倒だった分、美味しかった。

グラハムマフィン
プロフィール

kanocoron

Author:kanocoron
パンを焼くのが大好きです。
もちろん食べるのも大好きで、近頃
体重オーバー気味。

旅行も大好き。
どこかに行きたいなぁ~

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

リンク

QRコード

QR

  • ページトップへ
  • ホームへ