パンヲタの会13

2014.02.25 21:00|パンヲタの会
パン友とパンを焼いて楽しむ会、通称パンヲタの会。
今回は、お引越ししたばかりのナディハウスの新しいスタジオで、ちょこさんふぃせるさんランちゃん
もちろんナディハウスの先生も。

昨年11月に先生から「苺のシュトーレン」っていうお題をもらってから、ずーっと試行錯誤していたレシピを、
実際に先生と一緒に作って、レシピをお渡しするという重要な日だった。

パンヲタの会

先生と一緒に1つ1つ作業を確認しながら作っていくので、ちょっと緊張。
途中のランチタイムには、ちょこさんが買ってきてくれた「ブーランジェリージラフ」のパン盛り合わせ。

パンヲタの会

おやつタイムは、ランちゃんが買ってきてくれた高級バームクーヘン。
緊張がほぐれるね。

パンヲタの会

実は私、この日に向けて前々から準備の必要があったんだけど、年度末で仕事がバタバタ忙しくて、ベーカーズ%を
計算する頭に戻せず、準備中に失敗して苺酵母が足りなくなり、あわてて夜10時に苺をスーパーに買いに行ったり、
使おうと見れば、ウチのはるゆたかの在庫がヤバかったりと、ボロボロで、みんなに心配をかけてしまった。。

でもでも、完成した~!
無事にパン屋さん「nadinadi」の開店メニューの1つに間に合うことができた~!!

それにしても苺ってこんなに難しい食材だとは思わなかった。
苺は香りもいいし、食べれば果汁たっぷりで甘いし、酵母にしても苺の香はしっかり残ってるし、パンにしても苺の味も香りも消えることはないしね。
なのにシュトーレンにすると苺はすっかり消えちゃうんだもの。
それに苺って水分だから、苺を増せば増すほど生地はベトベトだし、形も維持できないし。

いっぱい悩んで、検証して、試作して、試食してを繰り返して、最終的にパンヲタの会らしい苺使いができたなって
思うけど。
でもこの日、苺のシュトーレンは私達の元を離れて、これから経験豊富な先生の手で、新しいナティハウスのオーブン
で作られる。
もっとおいしく進化する苺のシュトーレン、発売日がすごく楽しみだ♪

---------------------------------------------------------------------------------
(ふぃせるさんのブログより抜粋)

イチゴ酵母は水を一切使わず無水の状態で酵母を起こしています。
お砂糖はてんさいグラニュー糖を使用。
バターもお砂糖もかなり控えめな配合になっています。
具はドライストロベリーとマカダミアナッツ・くるみ・ジュエリーレーズンを
白ワインとストロベリーリキュールに漬けこみました。
粉糖にもストロベリーパウダーを入れ、ピンクの可愛いシュトーレンが完成しました!

春のこの時期にしか味わえない、イチゴづくしのシュトーレン。
1個のシュトーレンにいったい何個のイチゴが入っているのか考えるのも怖いくらいです(^^ゞ
そんな贅沢なシュトーレンをぜひぜひご賞味下さい。

ご注文はコチラまで

パンヲタの会

-------------------------------------------------------------------------------
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

kanocoron

Author:kanocoron
パンを焼くのが大好きです。
もちろん食べるのも大好きで、近頃
体重オーバー気味。

旅行も大好き。
どこかに行きたいなぁ~

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

リンク

QRコード

QR

  • ページトップへ
  • ホームへ